MENU

老人ホーム無料紹介所|老後のあんしん札幌相談室

スタッフブログ

【第5回】「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」では何が違うの?

2016/07/06

こんにちは(^^)/

老後のあんしん札幌相談室の橋本です。

 

このところ入居対応に忙しく,ブログの更新が遅れており申し訳ありません。

しかし,私たちの仕事は本当に素晴らしいなぁ…と実感している毎日です(^^)

 

さて,第1回目から第4回目の講座で 「老人ホームって何ですか?」の質問に対して説明をしましたが,理解できましたでしょうか?

では,今回は復習を兼ねて次の質問にお答えしますね。

 

Q2: 「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」では何が違うの?

このご質問を受けることはかなり多いんです。

 

まず「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」の大きな特徴は前回でも説明しました。

主な運営母体などが異なる事はすでにご承知かと思います。

 

今回は下記の4点で比較してみましょう。

 

Ⅰ:「ご入居者の心身状況」⇒有料老人ホームはホームにより差がありますが,一般的には介護の必要ないお元気な方から重度介護の方がご入居しています。

れに対して特別養護老人ホームは,要介護4、要介護5つまり重度介護の方がもっとも多くご入居しています。

 

Ⅱ:「料金」→有料老人ホームは一般的に①最初にかかる費用(前払い金、敷金、保証金等)と②月額費用(家賃,食費,管理,介護費用等)がかかります。

①の費用は0円から1000万を超えるホームまで幅が広いんです。。

②の費用は一般的に通常であれば,15万円くらいから40万円くらい(介護費用込)になります。

 

それに対して特別養護老人ホームは前払い金等の①の料金はありません。

②の月額費用は5万円くらいから13万円くらい(減額なし、介護費用込み)になります。

※多床室、個室で違いがあったり,所得等に応じて減額の制度があります。

 

Ⅲ:「入居までの期間」→有料老人ホームは地域によりますが比較的空きが多く通常はお申込みの数週間後にご入居が可能です。

それに対して特別養護老人ホームには空きがなく待機者が多いところが多く,通常はご入居まで数年かかると言われています。(緊急性の高い方は例外あり)

 

Ⅳ:「サービス面」→有料老人ホームは主に民間の会社が運営していることもあり,サービスにバラつきがあります。

 

有料老人ホームの中には法律で決められている人員基準の2倍の人員を配置して手厚い介護を提供しているホーム,イベントが充実しているホーム,設備が充実したホーム,お食事に力を入れているホーム,看護師を夜間も配置して医療対応を強化しているホーム,理学療法士等を配置して機能訓練に力を入れているホームもあります。

 

介護面に関してはお元気な方から重度の方まで幅広い方がご入居していますので一人一人にあった個別の介護に力を入れているホームが多いです。

 

それに対して特別養護老人ホームでは民間の老人ホームほどの差はなく,建物が新築か古いかの違いで設備には違いがありますが,介護面ではホームによる大きな差はありません。

寝たきりの方が多いですので個別性よりも集団的な介護方法になってしまう面もあります。

 

さて,ここまでで少しは「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」の違いが理解できましたでしょうか?

 

どちらが良くてどちらが悪いということはないと思います。

 

ですから,本人が望む生活を叶えてくれるお住まいを見つけることが大切です。

私たちはそのために全力でサポートしています。

 

 

最後に今回のQ&Aを書いて終わりにさせていただきます。

 

Q2: 「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」では何が違うの?

A2: 主な運営母体が違うだけではなく,ご入居者の心身状況,料金,入居までの期間,サービス面等,多くの点で違います。

 

 

では,次回につづく…。
一覧へ

アーカイブ

2020 2019 2018 2017 2016