費用について

ここでは、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームで生活する上で必要な費用について解説します。これらの施設では、入居時に「入居一時金」または「敷金・礼金」が発生し、入居後に「月額費用」が発生していきます。

「介護付有料老人ホームは高額で、サ高住は低額」という人がいますが、月額費用に含まれているサービスが異なるだけで、それぞれの施設で同じサービスを受けても費用が大きく変わるということはないので注意が必要です。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームでは、施設によっては入居時に入居一時金が発生するところがあります。入居一時金とは、「一定期間の家賃の前払い金」と「終身利用できる権利」を意味していて、数十万円から数億円もかかる施設もありますが、最近では一時金をとらない施設が増えてきている傾向にあります。

また、介護付有料老人ホームで受けられるサービスは、基本的に安否確認、生活相談、食事、介護サービスが含まれています。このため、月額費用は他の施設と比べて高く設定されています。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームでは、一般的な賃貸マンションと同じように、入居時に敷金・礼金が発生します

また、住宅型有料老人ホームで受けられるサービスは、基本的に安否確認、生活相談、食事となっています。介護サービスは、外部の介護事業所から提供されます。よって、月額費用は安否確認、生活相談、食事のみにかかるため、介護付有料老人ホームと比べて安く設定されています。介護サービスを受けるには、別途で費用が発生します。

サービス付高齢者向け住宅の費用

サービス付き高齢者向け住宅は、一般的な賃貸マンションと同じように、入居時に敷金・礼金が発生します

サービス付高齢者向け住宅では、入居時に保証金を支払う必要があります。

また、サービス付き高齢者向け住宅で受けられるサービスは、基本的に安否確認、生活相談のみです。食事や介護サービスは別途外部の介護事業所と個別契約を結ぶ必要があります。よって月額費用は安否確認、生活相談のみにかかるため、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホームと比べて安く設定されています。食事や介護サービスを受けるには、別途で費用が発生します。

グループホームの費用

グループホームは、入居時に入居一時金、または敷金・礼金が発生するところが一部ですが存在しております。

入居一時金は、「数か月分の家賃の一部の前払い金」と「終身利用できる権利」を意味していて、0円から数十万円かかる施設もあります。入居一時金を支払っているので、月額費用は安く抑えられます。入居一時金は償却して支払っていきます。

  • 老後のあんしん札幌相談所:0120-652-118
  • 老後のあんしん札幌相談所:メールご相談・問合せ